日本語チューター

日本語チューターとは?

日本語チューター制度は、日本語を学ぶ・教えることを通して留学生と日本人学生の交流を深め、相互の文化理解の好機とすることを目的としています。

 

日本語パートナーとの違いは、こなすべき役割がパートナーよりも多いということです。

また、留学生は日本語パートナーとは違い、松蔭に入学する正規の留学生です。

【チューターのお仕事】

・留学生の生活のお手伝いをする

・毎週1~2回1時間程度留学生との日本語会話の練習の相手をする

・毎月国際交流センターに報告書を提出する

・留学生が日本での生活にすみやかに慣れるように援助する

日本語チューター体験談

  • japanese Tutor
    2014年度日本語チューター K.Sさん
    私は今回初めて日本語チューターをさせていただきました。
    パートナーの留学生は以前長崎に留学しており、日本語がとても上手で日本と母国の中国の文化・社会の違いについて教えてくれました。また彼女のお友達とも仲良くなって一緒に食堂でご飯を食べたり、話をしたり、USJに行ったりもしました。
    初めは学校での日本語パートナーとして仲良くさせてもらっていましたが、今では大好きなお友達として遊んでもらっています!これからも仲良くしていきたいです!
ページ上部へ