日本語・日本文化研修

日本語日本文化研修とは?

海外協定校で日本語や日本文化を学ぶ大学生が、松蔭のキャンパスで日本語の授業や、茶道・華道の体験、近隣観光、ホームステイ等を通して、「今」の日本を学ぶ研修です。

期間は2週間から1ヶ月。留学生はジャパンスタディーセンターに宿泊し、研修に参加します。

学内プログラム スケジュール(参考:2019)
日付参加協定校名
5月7日~31日オハイオ州立大学日本文化研修
7月10日~24日松蔭日本語日本文化研修
ハサヌディン大学(インドネシア)他 計7校 

2018年度 松蔭日本語日本文化研修修了!!

7月11日(水)~25日(水)に実施された2週間の「松蔭日本語日本文化研修」が無事に修了しました。

メインイベントでもあるポスタープレゼンテーションでは、「食事の礼節」「携帯の使用頻度」「地震について」など多岐にわたるテーマが並び、ユーモアのあるアドリブを交えながらプレゼンテーションをする留学生も!                                                 会場は自然と笑顔に包まれていました。

休日には留学生全員で奈良に足を運び、鹿とふれあい、東大寺、春日大社を拝観し、日本の古き良き街並みを味わいました。また、日本文化体験として、匂い袋づくりやろうそくの絵付けを体験!自由な感性を持った留学生が思い思いのデザインを創り上げていました!授業では書道と茶道を体験し、「和」のこころにふれました。

また、流しそうめんやホームステイなど、様々なイベントを通して多くの日本語に触れ、留学生の日本語力がぐんと伸びた2週間になったのではないでしょうか!

みなさんのこれからの活躍に期待です!

HP後半

2018年度 日本文化体験 in 神戸

7月19日(木)本学学生と留学生、21名で神戸の北野を訪れ、日本文化体験として匂い袋づくりや和ろうそくの絵付体験を実施しました。

体験前には和ろうそくの歴史や材料説明、洋ろうそくとの違い等についての説明をしていただき、皆熱心に耳を傾けている姿が印象的でした。

匂い袋は、様々な種類の香木と香り球の中からお気に入りを選択!最後はそれぞれのオリジナルブレンドの香りをかわいらしい巾着袋に入れ、世界にひとつだけの匂い袋が完成♪

本学学生や留学生からは「とても楽しかった!」との声が多く聞かれ、初めての匂い袋作りや絵付け体験に大満足の様子でした。

神戸絵付け (7)    生田 (2)

2018年度 「そうめん流し」実施!

7月18日(水)本学学生と留学生、総勢約40名で「そうめん流し」を実施しました。

そうめんラフ (5)    そうめん流し台 (4)

留学生は流れていくそうめんに悪戦苦闘しながらも、徐々にコツをつかんできて、取れると嬉しそうに歓声をあげて喜んでいました!今回用意したカレー味の変わりつゆは、特に留学生に大人気でした!

暑い中での作業となりましたが、本学学生と留学生とが協力し合い、交流を深めるとても良い機会となりました。

【 松蔭日本語日本文化研修に関するお知らせ 】
過去の記事一覧 »
ページ上部へ